いきあたりばったり

博多弁とオーディオネタ

2016年12月4日

Raspberry Pi 3 + mpd + Bluetooth接続のスピーカー

オーディオ, by akiyama.

ちょっと遊んでみました。

Raspberry Pi 3にインストールしたOSは、RASPBIANです。
OSイメージのダウンロードは、Torrentを使ったほうがずっと速く済みます。

おおよその仕組みがわかって、デスクトップ環境は(多分)不要なので、今回は、RASPBIAN JESSIE LITEを使います。

起動後、OSのアップデートとnfsの設定を行った後、mpdとpulseaudio関係のパッケージをインストールします。

sudo apt-get install mpd mpc pulseaudio-module-bluetooth

Bluetoothデバイスの設定は、この辺が詳しいです。
http://qiita.com/nattof/items/3db73a95e63100d7580a

僕は手元にある某通販サイトで投げ売りされていたテクニカのスピーカーを使ってみました。
https://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=2350

スピーカーをペアリングモードにして、

sudo bluetoothctl

を実行してデバイスをスキャンすると、スピーカーがリストされます。
での、ペアリングしてコネクトすればOKです。
スピーカーから、接続が確立した音が鳴ると思います。

次は、mpdの設定です。

sudo -u pulse pactl list

を実行すると、デバイスの情報がどど〜っと表示され、そこに

bluez_card.XX_YY_ZZ_XX_YY_ZZ

のようなものが表示されますんで、これをメモっておきます。
XX_YY_ZZ_XX_YY_ZZは、Bluetoothのアドレスです。

/etc/mpd.confの出力デバイスのところに、

audio_output {
type “pulse”
name “SP03BT”
mixer_type “none”
sink “bluez_card.XX_YY_ZZ_XX_YY_ZZ”
}

のように記述を追加すればOKです。

それと、pulse aduioのユーザーグループに、mpdユーザがアクセスできるように、

sudo usermod -aG pulse,pulse-access mpd

を実行します。
※これを実行しておかないと、mpdがアクセス権がないよとエラーを吐きます。

これで、bluetoothで音が出せるようになります。
どのへんのコーデックに対応しているかは確認していませんが、NAS → Raspberry Pi 3 → ヘッドフォン/スピーカー で音楽が聴けるようになります。
スマホに納まりきらないくらい多くの楽曲を持ってる場合には便利かも。

Back Top

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です