【(よだれを)くる】

よだれをたらしている状態のときに、つける語句。

CD-ROM版大辞林にも、「よだれ_くり」という項目があるので、方言ではないようです。
が、関西地区出身者には通じましたが、長野や東京、埼玉方面の出身者には通じませんでした。

ちなみに、赤ん坊が首に付けているのは、「よだれかけ」でした。

使用例

×◆さんな、よだれくりながら寝とんしゃぁ。

×◆さんは、よだれを垂らしながら、寝てるるよ。

アンケートへのご協力をお願いします

© 2016 akiyan.f100